古民家づくり

_DSC4883 - コピー.jpg
DSCN3966.JPG

駅に近くとても立地条件の良い物件でした。

 

築年数は47年とかなり経過していますが、新築時はこだわって建築したようで、ポテンシャルの高い物件でした。

築50年で古民家と呼ばれます。

もうじき50年。

耐震劣化設備間取り変更とフルリノベーションをかけて、良質な古民家づくりがスタートします。

奥行きの長いお家でしたが、南面にある縁側が奥へと続き、とても良い趣を出していました。

縁側と和室通し間をつなげて広くLDKを作ることもできましたが、庭とリビングをつなげる「間」を大切にして、あえて既存に近い間取りとしました。

使い込みされた古民家をイメージして、浮造り仕上げされた杉の無垢床材を使用しました。

壁は珪藻土。既存と馴染み、一体感のある仕上がりとなりました。

DATA

エリア:清水区

建物面積:108.33㎡

構造:木造軸組み工法

築年数:築47年

形態:中古を買ってをリノベーション​

 オススメの施工事例

1/1